HOME >> 主催者の方へ >> MICEプランのご提案 >> エクスカーション

MICEプランのご提案 エクスカーション


静岡県東部地域だけの「トクベツな空間」でコンベンションを開催しませんか?
コンベンション会期中のエクスカーションやバンケットにお勧めの場所を紹介します。
各プランの詳細(設定人数・金額等)はお問い合わせください。

「伊豆・三津シーパラダイス」夜の水族館貸切プラン(沼津市)
海の仲間たちが記憶に残る夜を演出します

日本で初めてラッコ、セイウチの飼育を手がけた水族館。海に隣接した地形を生かし、海の生き物がのびのびと暮らしています。昼には見ることのできない夜の飼育職員による館内のガイドツアーや、照明の中、イルカやアシカ等のユーモラスなショーを楽しめます。館内には100名収容の会議室があり、会議、表彰式、飲食などが可能です。

伊豆・三津シーパラダイス

特別運行のロープウェイと夕映えの山頂テラスの貸切プラン
「伊豆の国パノラマパーク」(伊豆の国市)標高452mのかつらぎ山へ空中散歩

伊豆の国パノラマパークロープウェイ

美しい夕日に照らされながらロープウェイで、標高452mのかつらぎ山へ空中散歩。夕暮れの富士山・駿河湾・箱根連山を一望できる山頂にある展望デッキ“富士見テラス”にて、ウエルカムドリンクで乾杯。人気の足湯もお楽しみいただけます。夕食は、麓にあるレストランで厳選した地元食材を使ったビュッフェダイニングです。

憧れの花柳界を体験
「熱海稽古見番」貸切ランチプラン(熱海市)

熱海は全国でも屈指の芸者街。
約60軒を超える「置屋」があり、120名余りの芸者が活躍しています。初めて訪れるのにどこか懐かしい週末には「芸妓見番ぶらり―湯めまちをどり華の舞―」を公開しています。ご案内するのは、お弁当付きの貸切プランです。お食事を召し上がりながら伝統文化を鑑賞した後は、芸者衆との会話や、記念写真撮影もお楽しみいただけます

芸者衆

頼朝が愛した名社の歴史に触れる
「三嶋大社」正式参拝と三島歴体験ツアー(三島市)

三嶋大社

伊豆の一宮で、源頼朝が源氏再興を祈願して百日参りをし、旗挙げをしたことで有名な三嶋大社。その三嶋大社の神職から正式参拝の作法を教わります。御本殿での正式参拝のほか、普段は入ることのできない神域への案内等が含まれます。正式参拝の後は「三嶋暦師の館」を訪問。仮名文字の暦として日本で一番古い三嶋暦の歴史に触れ、三嶋暦柄オリジナル団扇の作成体験を行い、旅の記念にお持ち帰りいただけます。

電車貸切! 2時間30分の車内懇談会
貸切「ビアガー電車」地ビール飲み放題プラン

三島市から伊豆市修善寺を繋ぐ鉄道「伊豆箱根鉄道駿豆線」で、企画列車として年に数回運行される「ビアガー電車」は、伊豆の地ビール「反射炉ビヤ」飲み放題で、売り出すと即日完売するほどの大人気。
この3両一編成の電車を貸切で特別運行。オリジナルヘッドマークを付けた列車を、三島駅と修善寺を2時間30分かけて往復運行します。

ビアガー電車

明治、大正、昭和の3代に渡り使用された皇族の保養地「沼津御用邸」で会議と食事
「沼津御用邸 東付属邸」(沼津市)

沼津御用邸

沼津御用邸は明治26年に皇太子殿下(大正天皇)の御静養のために造営されました。御用邸は皇室が主として保養のために用いる別邸で、いわばリゾート施設です。東付属邸は、明治36年4月に赤坂離宮東宮大夫官舎を移築し、皇孫殿下(昭和天皇)の学問所として造営されたものです。現代でも使用できるように改築・改修を施した東付属邸内で会議、少量後には沼津港から直送した駿河湾の新鮮魚介と、地元野菜を使った食事もお召し上がりいただきます。テーブルでのご対応も可能です。沼津御用邸は、今も変わらぬ松籟、潮騒が皇室の香りと一体となり、独特の風情を醸し出す特別な時間をご提供します。

いただいた命をつなぐ
「イズシカ問屋」視察とジビエランチ

現在、国内ではシカやイノシシによる森林や山間部の農作物に対する食害が問題となっています。伊豆半島全域のシカの生息数は約27,700頭。国によるニホンジカの適正な生息密度のガイドラインを大きく上回っています。市町では食害を防止するため、猟友会等のハンターの助けを借りてシカ等の駆除を行っています。伊豆市では、駆除の支援と捕獲したシカ等の有効利用のため、食肉加工センター「イズシカ問屋」を設立しました。食肉処理には様々な工程がありますが、高い品質管理と命をつなぐ現場をご案内します。また、視察後は市内食堂にてイズシカをいただきます。

イズシカ問屋

全国で初めて観光施設を併設した「見せる市場」活気あふれる沼津魚市場のセリ見学と市場の朝食
「沼津魚市場INO」(沼津市)セリを行っている時間に市場をご案内します

沼津魚市場INO

沼津魚市場は年間30,000トンの魚介類が取引され、沼津名産の「干物」は日本国内での生産量が全国の約40パーセントを占めています。平成19年に完成した全国でもトップクラスの衛生管理対策を取り入れた「沼津魚市場INO(イーノ)」のセリ人しか入場できない1階セリ市場で、沼津の魚を知り尽くした専門ガイドが活気あふれるセリを間近でご案内します。また、マグロのセリも見学することが出来ます。仕事の場である市場をご案内するため、安全を考え少人数でのご案内になります。見学後は、一般のお客様には食べられない市場内の食堂で朝食をお楽しみ頂けます。

花、美術館、レストラン、そして自然
複合文化施設「クレマチスの丘」

クレマチスの丘は富士山麓の高台に建つ文化複合施設です。彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの唯一の個人美術館であるヴァンジ彫刻美術館、世界トップレベルの所蔵数を誇る画家ベルナール・ビュフェの個人美術館、庭園内に咲き誇る四季折々の花により、様々な自然観と芸術観に触れることが出来ます。また、敷地内では地場の食材を使用した日本料理やイタリア料理を楽しむことが出来ます。

クレマチスの丘

最新ナット工場見学と最先端の体感トレーニング体験
イズラシとアイシック健身塾(沼津市)

2012年9月から稼働しているナット製造の「イズラシ」本社工場を見学。明るく清潔な工場では、緩まない“セルフロックナット”を見学エリアからご覧いただけます。機械の半数を最先端の検査機器にして、完璧なナットを年間約4億5千万個製造しています。また、隣にあるアイシック健身塾では、独自の認知動作型トレーニングマシンを使用した体幹トレーニングの体験ができ、欧米の専門家からも世界トップレベルのトレーニング施設と高い評価を受けています。

季節ごとの山野草に囲まれた会議室
秩父宮記念公園(御殿場市)

秩父宮記念公園は昭和天皇の弟君である秩父宮殿下と妃殿下より別邸をご遺贈いただきました。
現在は公園として開園しており、記念館として公開している邸宅や和と洋それぞれの趣を好まれた両殿下の生活を垣間見ることが出来ます。
また、庭園内には多目的室や会議室を備え、閑雅な空間でコンベンションが開催できます。

緑に囲まれた登山口から「小富士ウォーキング」
富士登山道須走口(小山町)

日本の象徴である富士山は2013年に世界遺産となりました。富士登山口の一つである須走口からは毎夏、20,000人以上の登山者が富士山頂を目指しています。
小富士は富士山東裾の側火山で、須走口から登山道横の遊歩道を進みます。片道20分程度針葉樹林の木漏れ日をぬって辿りついた先では、晴れた日にはその先に山中湖、振り返れば雄大な富士山の姿を見ることができます。小富士から戻ってきた後は、登山口の山小屋で、富士山麓で育ったきのこを使ったきのこ鍋等、地元の食材を利用した山小屋グルメを楽しめます。
須走口を起点に、初夏の一時期だけ姿を見せる「幻の滝」等のコースへ向かうことも可能です。